任意整理とは※任意整理、するとどうなる?

任意整理とは…?
月々の返済額を減らす債務整理です。

 

任意整理とは、債権者と交渉することによって将来利息のカットなどを行い、減額後の借金を3~5年で支払っていくものです。債務整理の1つですが、裁判所は通さないため比較的短期間で手続きができます。

 

任意整理は借金問題解決のための有効な手段です。

  • 私の借金は任意整理できる?
  • 月々の支払いをいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?

まずは借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。


※無料・匿名・ネット完結で診断できます。

債務整理シュミレーター

 

そもそも債務整理って…?

債務整理とは簡単に言えば借金を解決するための方法です。


債務整理にはいくつかの種類がありますが、いずれの方法でも取り立てや返済は手続き開始後すぐにストップすることができます。

 

●債務整理の種類まとめ

任意整理

個人再生

自己破産

減額

将来利息カット

全て帳消し

財産

残る

最低限しか残らない

裁判所

通さない

通す

通す

官報

載らない

載る

載る

ブラックリスト

載る

載る

載る

会社にバレない

バレない

バレない

バレない

債権者の同意

必要

必要ない

必要ない

 

債務整理には大きく【任意整理・個人再生・自己破産】の3つの方法があります。表を見て分かる通り、任意整理は債務整理の中では軽めの方法と言えます。


自分がどの債務整理を選ぶべきかわからない方は、借金のシミュレーションをしてみてください。債務整理で大切なことはしっかり自分に適した方法を選ぶということです。

>>【無料】借金解決診断シミュレーター

 

任意整理をすることで、借金を減らすことができるので返済の負担はかなり減るでしょう。しかし、もちろん任意整理をすることによるデメリットもあります。

任意整理のメリット・デメリットは◯◯!

任意整理のメリットとデメリットを表にまとめます。

メリット

デメリット

・借金を減らせる

・整理する借金を選べる

・手続きが比較的短期間

(裁判所を通さない)

・ブラックリストに載る

(5年程度)

・減らせる額が少ない

・債権者の同意が必要

 

任意整理のメリットについて

①借金を減らせる


任意整理では、債権者との交渉により将来利息のカットなどを行い借金を減額できます。


借金が減るので月々の負担額も軽くなります。また、取引期間が長い場合、過払い金が発生している可能性があり、過払い金がある場合はそのお金が戻ってきます。

 

>>いくら減額できる?過払い金は?無料診断はこちら

 

②整理する借金を選べる


任意整理は自己破産や個人再生などの債務整理と違って、自分で整理する借金を選択することができます。


例えば、「過払い金があるか調べて、過払い金が発生しているならそれだけ整理する」「住宅や自動車は残したいからそのローンは整理を行わない」など自分の状況に合わせて比較的自由に手続きができるのもメリットと言えます。

 

③手続きが比較的短期間でできる


任意整理はあくまで債権者と債務者間での交渉により借金を減額させる手続きなので裁判所は通しません。


そのため自己破産や個人再生よりも手続きが簡単かつ短期間で終わりますし、官報に載ることもありません。

>>借金解決を無料でシミュレーション!

 

 

任意整理は自己破産や個人再生とくらべて減額される金額自体は少ないですが、毎月の返済額は確実に減ります。
また、手続きが比較的簡単であるのもメリットです。


任意整理のデメリットについて

①ブラックリストに載る


任意整理も債務整理の1つである以上、ブラックリストに載ってしまいます。期間は5年程度です。


その間はクレジットカードを作ったり、新たにローンを組んだりすることはできません。

 

②減らせる額が少ない


任意整理は整理後も返済を続けなければなりません。業者によって異なる場合もありますが、一般的には減額された残りの借金を3年程度で完済する必要があります。


そのため、支払いの能力が必要になります。

>>私は任意整理できる?無料診断!

 

③債権者の同意が必要


何度も書いているように任意整理は賃金業者と交渉し減額する方法です。裁判所を通さないため、必ず借金が減額されるという保証はなく、あくまでも交渉次第ということになります。


ですので、任意整理をする場合は司法書士や弁護士といった専門家に依頼する必要があります。
任意整理にはメリットもデメリットもあります。

 

 

任意整理をするとブラックリストに載り5年程度はクレジットカードやローンが利用できなくなります。また、あくまでも業者との交渉次第であり、減らせる金額にばらつきがあるということは把握しておきましょう。


 

任意整理のメリット・デメリットまとめ

任意整理は、借金を減らすことができますがその減額は自己破産や個人再生ほどではなく、債権者の同意が必要であるため交渉次第という側面があります。


ただしその分、財産を残せたり手続きが比較的楽だったりというメリットもあります。

 

簡単にいえば、任意整理は自己破産や個人再生と比べて減額が少ない代わりに受けるデメリットも少ないんです。そういう意味では1番利用しやすい債務整理といえます。

 

ただ、債務整理というのはその人の借金や資産の状況により、最適な方法が異なります。


その人の状況によってメリットやデメリットが変化するからです。

 

 

だから、まず重要なのは自分にとって最適な方法を選ぶことで、そのためにはシミュレーションが必要です。

 

まずは無料診断で最適な方法を見つけましょう。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

 

 

任意整理のメリット

任意整理で利息カットできる?※任意整理のメリット解説

任意整理の費用、いくらかかる?メリット解説

 まずメリットについて申し上げますと、先ほど申し上げました様に利息を減らしていただけますので、普通に返済するよりもその分返済の負担が軽くなるというのが1つの大きなメリットです。それから裁判所を通さない事で、通常よりも内密に行えます。

デメリット例:任意整理後のクレジットカードの使用停止期間

現在、消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシング、そして銀行系カードローン会社からのカードローンなどで借金をしてその借金が返せない状態に陥り債務整理を行う人が急増しています。 これら債務整理を行う人の中でも一番人気が高い債務整理方法は「自己破産」で、もっとも数が多く、次いで「特定調停」、そして「任意整理」、最後に「個人再生」という順番になっています。 この中でも「任意整理」は特に消費者金融やクレジットカード会社や銀行系カードローン会社で借金をしてその後債務整理を行う人にとっては、「特定調停」や「個人再生」、そして「自己破産」よりも手続きが少ない債務整理方法として一定の人気が有ります。 「任意整理」が他の3つの債務整理方法よりも手続きが少ない理由は「任意整理」が唯一、裁判所を通さない債務整理方法であるからです。 「任意整理」は債務者と債権者の間に弁護士を入れて、その弁護士が債権者に対して借金の減額や利息分のカットや借金の利率を減らす事などを求める債務整理方法です。 そしてその「任意整理」を行った後は、「任意整理」の対象に入っていたクレジットカード会社のクレジットカードは最低でも5年から7年の間は持つ事が出来ません。 場合によっては「任意整理」を行ったクレジットカード会社のクレジットカードは一生持つ事が出来ないというケースもあります。

任意整理後もクレジットカードは使える?デメリット解説

任意整理すると…?のシュミレーション

消費者金融などの金融機関から借金をしすぎてしまい、返済していくのが難しくなってしまった場合は弁護士に債務整理の手続きをしてもらって解決していくことになります。そこで債務整理の手続きの方法はいくつかの方法があるのですが、その中の一つに任意整理という方法があります。これは裁判所を通さないで、借入先の消費者金融と直接交渉して借金の額を減額させたり、返済方法を見直していくという方法です。 そして任意整理をした場合にシュミレーションですが、まず7年間2つの消費者金融から借入と返済を繰り返していて、借金がそれぞれ50万円ずつあった場合において、任意整理をすることにより、借金をそれぞれ25万円ずつに減額することができました。借金の額を半分にすることができたことにより、数年の間、分割をして返済をしていけば完済をすることが可能になりました。 このように任意整理をすることによって、借金を減らすことができ、それによって借金問題を解決することができます。そのため借金を返済することができなくなってしまい、悩み続けている人は今すぐ弁護士に任意整理の相談をしたほうがいいと言えます。弁護士に任意整理の相談をして一気に借金問題を解決することができ、明るい人生を取り戻すことができた人も少なくありません。
債務整理、いきなり専門家に相談するのはちょっと…
そんな方にはこちらのシミュレーターをおすすめしてます。私もお世話になりました。 実名も住所も一切必要ナシの簡易診断です。 この診断結果をもとに、専門家へ相談するのもいいかもしれませんね。

任意整理とは※任意整理、するとどうなる?記事一覧

任意整理すると利息カットできる?借金問題を解決する方法の一つ、任意整理では裁判所を通さずに債権者と任意で交渉します。将来利息については原則カット、借金の返済も3年から5年で無理なく続けられるよう応じてもらいます。利息制限法に基づいて再計算し、利息制限法の上限利息を超えた分については返還されます。以前の消費者金融では利息制限法の上限を超え、出資法の上限を超えないグレーゾーン金利が横行していましたが、...
任意整理するとクレジットカードは使えないの?基本的には使えないが、使える可能性がある債務整理もある。債務整理をするとその情報がブラックリストに載ってしまいます。そのため、5~10年程度はクレジットカードは使用できません。(借入がないカードであっても債務整理の情報は共有されるため、使えなくなってしまいます)ただ過払い金請求なら信用情報を登録されないこともあります。自分にとって本当に任意整理が適当か?...
任意整理が周囲に及ぼす影響※メリット・デメリットまず任意整理とは、利息制限法に基づいて再計算を行い、支払い過ぎていた利息分については返還、借金の将来利息はカット、借金の3年での分割返済を債権者に応じてもらう手続きです。自己破産のように職業の制限もありません。返還された利息分だけで借金の返済がかなり楽になるケースもあります。任意整理とは※任意整理、するとどうなる?家族裁判所を通さないために、裁判所か...
任意整理をした後、住宅ローンの審査に影響はあるか?任意整理をした際の唯一のデメリットは、少なくとも5年間は個人信用情報機関に整理した記録が掲載されるという事です。個人信用情報機関は、ブラックリストのような物で、返すべき債務を約束された期間内に完済できなかったという個人情報が残る事になるのです。整理後に新たに住宅ローンを組もうとしても、金融機関の審査では信用情報機関の記録が非常に重要な参考データにな...
任意整理の費用、いくらかかる?任意整理費用の内訳は以下です。・着手金・基本報酬・減額報酬相場は一概には言えません。借入先の件数や借入額によって大幅に変わってくるからです。自分の場合、任意整理に費用がいくらになるのか診断したい時はこの無料診断ツールがおすすめです。匿名(ニックネーム)診断OKいますぐ診断でき、しかも無料質問フォームから専門家への質問も可能債務整理の費用、いくらかかるか相談したい…任意...
任意整理したら賃貸はどうなるの?任意整理後も物件賃貸できます。不動産会社は信用情報を照会することはありません。つまり、任意整理(債務整理)をしたということを知ることもないんです。そのため、任意整理後であっても新たに賃貸契約を結ぶことができます。また、今住んでいるところを追い出されたり、更新できないといったこともありません。ですが注意しなければいけないポイントが2つあります。詳しくはページ内で解説し...
任意整理をすると信用情報に載る?任意整理をすると、和解が成立した日から5年間、信用情報機関に事故情報が登録されます。いわゆる「ブラックリスト」登録です。※債務整理後の事故情報登録期間は、借りていた業者が登録している機関によって違います。信用情報機関とは個人の信用情報を管理するデータベースです。金融会社からの照会に応じて信用情報を提供しています。以下、信用情報機関と登録機関の一覧です↓任意整理をする...
任意整理後の借り入れについては、ここに詳しく書いてあります↓債務整理後の借り入れは可能?いつからできる?任意整理後の借り入れについてまとめ疑問は解決しましたか?疑問解決!借り入れできない期間がどのくらいかわかった任意整理後の借り入れについての疑問がなくなったら、いよいよ任意整理のための法律事務所探し。任意整理におすすめの法律事務所の無料相談はこちら。他におすすめは…?法律事務所無料相談窓口ランキン...
どれだけ借金をしても、自己破産をすれば、返済の義務がなくなると、簡単に考えてしまう人は少なくありません。ですが、自己破産の免責対象となるのは、ギャンブルや浪費が原因でできた借金以外です。ギャンブルの為、もしくはブランド品やアクセサリー類の購入、高級料理の食べ歩き等の浪費の為に出来た借金の場合、免責対象になりません。ただ、これは自己破産を行う場合の話です。多重債務など、借金に追われた状況を改善する債...
夫が倒れて借金…任意整理しました<体験談>私は過去に任意整理を利用したことがあり、これはその体験談になります。結婚して5年が過ぎたころ、自宅に主人の職場から電話が入り、主人が倒れたと知らされました。幸い命には別状はなかったのですが、それからは2年の入院生活とリハビリの生活が始まりました。それを機会にパートへ出ることになったのですが入院の費用や住宅ローン、生活費など支払えるわけもなく、貯金を削って支...

このページの先頭へ戻る