任意整理で減額される金額はいくら?シミュレーションで簡単診断♪

  • 任意整理で月々の支払いはいくら減る?
  • どの借金は任意整理できる?
  • 最適な債務整理の方法は?

借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。
※無料・匿名・ネット完結で診断できます。

債務整理シュミレーター

 

借金の返済負担が大きくなり過ぎてしまい、返済することが難しくなってしまった場合には、債務整理を検討することも必要となります。債務整理の手続きを行うことによって、返済負担を軽減することが出来たり、全ての債務が免除出来たりします。任意整理・個人再生・自己破産などの手続き方法がありますので、借金の残高や収入などを勘案して最適な方法を選択することが必要となります。
債務整理の中でも最も多くの方が利用する手続き方法が、任意整理です。任意整理は裁判所を通さずに、債権者と直接交渉を行って、支払い方法の見直しなどを行います。直接に交渉を行うと言っても、債務者自らが交渉を行う訳ではありません。もちろん自分自身で手続きを行うことも不可能ではありませんが、難易度はかなり高いです。債務者本人からいきなり借金の見直しを行って欲しいと言われて、素直に応じる債権者はまずいません。専門知識や法的な知識を持たない個人が、融資のプロである債権者に対して有利に交渉を進めて行くことは不可能です。時間的な負担や精神的な負担を考慮しても、弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方が有利です。弁護士などに依頼すれば受任通知を送付してもらえますので、一旦返済や取立をストップさせることが出来ます。
任意整理のメリットは裁判所を通さずに手続きが行えることの他にも、手続き対象を自由に選択出来ることが挙げられます。個人再生や自己破産は全ての債務を手続きの対象としなければいけません。その為、ローン返済中の自宅や自動車を手放さなければいけなくなる可能性がありますし、親族や友人に対する債務も手続きの対象に含めなければいけません。その点、手続きの対象を自由に選択できれば、債務整理の影響を出来るだけ少なくして手続きを行うことが可能です。
ただし任意整理は、それほど借金の減額効果が大きくありません。任意での交渉ですので、債権者が受け入れてくれれば、あらゆる交渉が可能となりますが、現実的には交渉出来る内容は限られてしまいます。代表的な交渉内容が、金利の引き直し計算です。金利の引き直し計算を行えば、払い過ぎた利息を元本の返済に充当して借入残高を減額することが出来ますが、あくまでも払い過ぎていた利息ですので、元本そのものの金額を減額出来ている訳ではありません。
手軽に手続きが行える分、債務の減額効果はそれほど大きくありませんので、もし債務を大幅に減らしたい場合は、個人再生や自己破産を選択することが必要となります。


このページの先頭へ戻る