任意整理に必要な着手金は平均◯◯円!債務整理の基礎ガイド

借金問題を解決するためには債務整理が必要です。
債務整理は多くの人が行っていると言われているのですが、借金を抱えることで一人で問題を抱えてしまいがちですが、債務整理を利用する事で問題を解決出来ます。

債務整理は弁護士や司法書士にお願いをして行うのが一般的ですが、弁護士や司法書士は当然無料で債務整理を行ってくれませんので、費用がかかることになります。
しかし、この費用がどれだけかかるのか、費用の内訳はどのようになっているのかなど、気になることが多く発生します。

尚、法律事務所の中には借金相談を無料で行っている所も多くあるので、無料相談を利用して債務整理の費用などについて聞いてみる事も大切です。

債務整理には任意整理を初め、自己破産や個人再生などの方法が在りますが、どの方法で債務整理を行うのかは相談をする事で弁護士や司法書士が決めてくれます。
決めると言っても、債務者にとって一番良い方法を選んでくれるので安心して相談をすると良いのです。

尚、任意整理における費用と言うのは、弁護士や司法書士に対して支払う着手金、債務整理が成功した際に支払う成功報酬と言った費用になります。
また、過払い金と呼ばれる過剰利息を取り戻した場合は、過払いの額に応じて成功報酬を支払う事になります。

最近は、債務整理だけではなく、過去の借金に含まれている過払いを取り戻すために弁護士や司法書士に依頼をして過剰利息を取り戻すケースも増えており、過払い金の返還請求においても多くの人が法律事務所を利用しています。

尚、任意整理などの場合の着手金と言うのは、1社につき幾らと言う形で支払う事になるので、債務整理を行う借金が3社あれば基準額の3倍、5社あれば5倍と言った費用が必要になります。
また、着手金は弁護士や司法書士に対して支払いを行うことで、債務整理の着手を行って貰える必要で、支払いが行われた段階からスタートをすると言う特徴が在りますし、逆に支払いが行われなければ着手しない、する義務が無いとも言われています。

しかしながら、借金問題を抱えている人と言うのは、借金の支払いが出来なくて悩んでいるわけですので、当然着手する時など高額な費用を支払う事は出来ませんし、自己破産をしなければならない状況にあるひとは尚更です。
そこで、法律事務所の中には分割払いや後払い制を設けている所も多く在り、着手金についても後払いで支払いできる法律事務所も在ります。


このページの先頭へ戻る