任意整理での失敗や代理人選びで後悔をしないためのポイント

ちょっとした不足分の埋め合わせでカードローンを組むようになってから、ついつい借り癖がついてしまい、気づいてみると複数の賃金業者からの請求書が舞い込み、ついには元金が減らすことは全くできずに利息分だけを支払う生活が続いている。そんな金銭面での失敗が続いたとき、債務整理の一つとして「任意整理」があります。
その任意整理において、まずは弁護士や司法書士が債権者と払いすぎていた利息分の返還をめぐる交渉を行う、いわゆる過払い金請求によって、お金が戻ってくる場合があり、過払い金請求のみで悩みの解決可能ならブラックリストに入らないので、その後もお金に困ったときは借り入れができます。しかしながら、多重債務に陥ると通常は任意整理を行なうことになり、不動産の処分や職業制限はないものの、ブラックリストに入ることになり少なくとも5年間は借り入れができません。これこそが借金地獄に陥ったとき最初に痛感する後悔かもしれませんが、もしこの交渉が失敗すると、次は裁判所との手続きが必要となる個人再生や自己破産へと債務整理のステージがかわってきます。任意整理の段階ならば、知人や友人だけでなく地域の人々にも知られず進められますが、個人再生や自己破産となれば官報にも掲載されインターネットでも一ヶ月は検索可能になり、後悔の種が多くなってしまいます。
任意整理での借金の減額にかんする交渉は債権者あっての話ですので「任意整理の失敗」が起こる可能性があります。また次のステージでもある個人再生は、さらに手続きや交渉が厳しくなりますので、できるだけ後々の後悔を最小限にするためにも早めに法律の専門家に相談するのがベストです。

 

債務整理を賢く選ぶ方法まとめ※デメリット回避のために


このページの先頭へ戻る