任意整理をする前に必読!《任意整理のメリット・デメリット》

任意整理のメリット・デメリットは?

【メリット】

  • 借金が減額される(利息カット)
  • 整理する借金を選べる
  • 他の債務整理に比べて手続きが簡単

 

【デメリット】

  • ブラックリストに載る(5年程度)
  • 他の債務整理に比べて減額が少ない

 

任意整理は債務整理の中でも比較的デメリットの少ない方法ですが、困窮の度合いによっては個人再生や自己破産など、もっと借金減額幅の大きい債務整理方法を選んだほうがいい場合もあります。

  • そもそも任意整理って合ってる?
  • 任意整理で借金をいくら減額できる?
  • 過払い金請求できる?

 

まずは借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

※匿名・無料でネットから診断できます。

債務整理シュミレーター

 

【借金問題】解決したいなら無料相談!

診断ツールで必要な債務整理を把握できたら、次は専門家に相談してみましょう。専門家に話を聞くことで先の見通しがはっきりしますし、より有益なアドバイスをもらうことができます。

 

相談にはお金がかかるところもありますが、「弁護士法人サルート」なら無料で電話・メール相談を受け付けてくれます。
この窓口ならではのメリットは以下の3点です。

  • 電話・メール相談無料
  • 24時間365日対応OK
  • 初期費用0円、分割払い可能

↓電話相談・メール相談は以下から可能です↓

サルート

サルートメール相談借金お助け相談窓口電話相談

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方
※債務整理以外の一般法律相談は有料となる可能性がありますのでご了承ください。

 

任意整理って…?

 

「任意整理って何?」
「任意整理のデメリットを知っておきたい」
「1番メリットがある債務整理を選びたい」

 

そんなときのために、任意整理のメリットとデメリットを徹底比較するサイトです。

 

>>まずは借金解決策を無料診断!

 

任意整理のメリットとデメリットを詳しく!

任意整理は債務整理の中でも比較的デメリットの少ない方法と言われています。
実際のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

任意整理のメリット

裁判所を通さず交渉

あくまでも債務者と債権者との間での交渉であるため、任意整理では裁判所での手続きは必要ありません。
個人再生や自己破産といった他の債務整理では裁判所を通すため、任意整理はそれらの手続きと比べて簡単に手続きできます。

 

取り立てが止まる

弁護士や司法書士に任意整理の手続きを依頼すると、その時点で賃金業者に受任通知が送付されます。そして、この時点で取り立てはすべてストップします。
これは法律で定められていることですので、確実にストップします。

 

取り立てが止むだけでも、精神的にとても楽になります。

 

借金が減額できる

利息制限法で引直計算して借金を減額できます。さらに過払い金があればそれも返還請求できます。

 

将来利息0%の交渉ができる

減額後は原則将来利息をカットできるから、任意整理後の残りの借金についても返済の負担が軽くなり完済が早まります。

 

借金を選んで整理可能

整理する借金を選ぶことができるのも、任意整理の大きな特徴です。
つまり、任意整理の対象とする借入先を自分で選択することができるということです。これを利用して低利率のローンなどは整理せずに消費者金融など高利率の借入だけ整理するということが可能です。

 

官報に掲載されない

任意整理は裁判所を通さないので、手続きをしても官報に載ることはありません
ちなみに、自己破産や個人再生の手続きでは官報に掲載されてしまいます。

 

官報とは?

 

官報とは国の機関紙のようなものです。
債務整理(個人再生・自己破産など)をすると、住所・名前などが官報に載ります。

 

一般の人が見ることはまずない読み物なので、官報に載ることで周囲にバレるなどの影響はありません。ただ、悪徳業者から借入の誘いなどがくることもあるようなので、注意しましょう。

 

主婦・アルバイトでも可能

例えば個人再生の場合、減額後の借金をきちんと返済できるのかという支払い能力を厳しく審査されます。
しかし任意整理では「安定した(継続的な)収入」さえあれば、アルバイトやパート主婦であっても手続きすることができます。

 

アルバイトだからといって任意整理をあきらめる必要はありません。

 

職業や資格制限がない

自己破産の申し立てをした場合、一定期間、職業や資格に制限がかかってしまいます。(警備員・司法書士・宅地建物取引士・税理士etc…)
こういった制限は任意整理の場合、一切ありません。

 

>>任意整理前に無料シミュレーション!

 

任意整理のデメリット

保証人への影響

保証人付きの借金の場合、保証人もともに任意整理手続きを行うことになります。


※主債務者が和解に基いてきちんと支払いを行えば、保証人が支払い義務を負うことはありません

債務減額効果は高くない

任意整理は引き直し計算による減額と将来利息のカットがされるため、借金の金額を減らすことができます。
ですが、借金がすべて無くなる自己破産に比べるとその減額される金額は小さいです。

 

信用情報(ブラックリスト)に登録される

任意整理をすると、ブラックリストに登録されます。
これにより、ローンを組んだりクレジットカードを利用したりといったことができなくなってしまいます。任意整理の場合、ブラックリストに登録される期間は5年程度だと言われています。

 

個人再生や自己破産の場合、7~10年程度の間ブラックリストに登録されるため、比較的短いと言えます。

 

任意整理は約5年間登録されるが、債務整理の中では最短期間。

 

>>本当に最適な債務整理は?無料診断!

 

任意整理はデメリットが少ない

 

ぱっと見ただけでも、デメリットのほうが明らかに少ないことがわかります。
他の債務整理と比べても、手続期間が短くかんたんです。

 

任意整理に興味がある!手続はどうやったらできる?

任意整理を安く済ませたい時は、自分で手続・交渉をすることもできます。
しかしまず間違いなく交渉は難航するでしょう。

 

任意整理をする前に必読!《任意整理のメリット・デメリット》

 

貸金業者は専門家が介入しないと交渉に応じてくれないことがあるからです。

 

交渉に失敗すれば借金は減額できません。

 

>>いくら減る?借金減額シミュレーター!

債務整理共通のデメリットはどうなの?

お金がかかる

裁判手続きをする場合は印紙や郵便代がかかります。
任意整理のように裁判所を通さない方法でも、専門家への依頼の際には着手金・基本報酬・成功報酬が必要です。

任意整理にかかる費用の相場はどのくらい?

依頼先や内容によって変動はあるでしょうが、相場はこのくらいです。
着手金の相場は約1万5000円~2万円程度ですが、
事務所によっては着手金0円というところもあります!
基本報酬は、整理する貸金業者数によって変動します。
相場としてはだいたい1社あたり3~4万円程度です。
成功報酬は事務所によってさまざまなようなので、相談の際に確認しておきましょう。

時間がかかる

自己破産や個人再生には3ヶ月~半年程度、任意整理でも最短2ヶ月~半年程度の時間がかかります。

 

手間がかかる

どの手続でもそれぞれ相手や裁判所、依頼した専門家とのやりとりが必要です。

 

任意整理を選ぶメリットは?

任意整理のメリットとデメリット、債務整理共通のデメリットを理解した上で、任意整理を選ぶメリットは裁判所を通さない手続きであることです。

 

もちろん、任意整理のメリットに挙げているものがメリットなのですが、債務整理を検討している状況で多くの人は、負担が軽くて、周囲にバレにくい方法が良いと考えるでしょう。

 

任意整理は、周囲に知られるようなことがないため、専門家に依頼さえすれば、お金がかかる以外の負担がほぼなくなるでしょう。
依頼をすると、以後貸金業者との直接のやりとりをせずに済みます。

 

任意整理をしようと思った方も、まずは無料相談を利用して、専門家の知識や技術で最適な債務整理の方法を選ぶと良いでしょう。

 

債務整理は弁護士が解決【無料相談】

任意整理にしても債務整理にしても、手続きは弁護士に依頼することで迅速かつ適切に行うことができます。

 

電話やメールなどでも無料相談を受け付けている事務所があるので、利用してみてください。

 

↓電話相談・メール相談はこちらから↓

【弁護士法人サルート】
サルート

サルートメール相談借金お助け相談窓口電話相談

 

そもそも任意整理って?

 

 

そもそも、任意整理とは?
任意整理は借金を整理するための一つの債務整理方法です。
お金を貸している側である債権者と、借りている側である債務者との話し合いによって債務の減額をめざします。


※一般的に債務整理といえば任意整理からまず検討します。

 

任意整理とその他債務整理との違い
任意整理

当事者が合意した内容であれば比較的自由に解決を図ることが可能です。
これは民事における契約自由の原則により、お互いが合意すればそれでよしという考えからくるものです。

任意整理以外の債務整理

債権者と債務者以外に裁判所が登場。お互いが合意すればそれでよしとはいかなくなります。
やはり裁判所が間に入ることで手続きが厳格になり、一定の制約が出てきますからそこは良し悪しがあります。

 

債務整理にはいくつかの方法があります。


最適な方法を調べるにはシュミレーションがおすすめ!


※匿名・無料・ネット完結で利用できます。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

任意整理の手続き

 

 

任意整理は手続の正確さと減額のための交渉術が必要となるので、普通は弁護士または司法書士に依頼し行います。

 

司法書士にも弁護士にも頼らずに自分でやることも全くできないことはないのですが、
裁判所への申し立てが受理されるまでの間、取り立て業者の執拗な支払い催促などトラブルに発展することがあるので注意が必要です。

 

任意整理を依頼するにあたっての弁護士・司法書士の違い

 

・司法書士
認定司法書士という資格を持った人でないと任意整理の交渉はできませんし、認定司法書士であっても代理権に一定の制限があります。

 

・弁護士
一方、弁護士に関してはそういった制限は一切ありません。
相談無料の所も多いので、任意整理を考えている時はまず弁護士に相談するのがおすすめです。

 

サルート法律事務所の無料相談はこちら</span>

 

弁護士の費用が不安な方、借金や取り立て地獄から抜け出す第一歩として行動を起こしたい方には、
安心確実な事務所に一度無料相談をしてみることをおすすめします。
家族に内緒の相談も受け付けてくれます。

対応が良い無料相談受付弁護士事務所はここ。

 

弁護士法人サルート

弁護士法人サルートなら

365日24時間無料対応!


初期費用0円でスピード解決可能!
サルート

サルートメール相談借金お助け相談窓口電話相談

 

女性の借金お助け隊

女性スタッフ対応・女性限定の借金無料相談窓口
(24h365日対応)


内緒の相談もOKなので家族にバレることもない

年間実績5,000件だから信頼できる
天音法律事務所

天音法律事務所メール相談借金お助け相談窓口電話相談

 

 

ウィズユー司法書士事務所

※ヤミ金対応歓迎の事務所です


違法な貸金業者からの不法な取り立てに応じる必要はありません。


闇金からの借入でお困りならこちらが対応してくれます。最短即日ストップも可能なので相談してみてください。

ウイズユー司法書士事務所
⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

任意整理のメリット、デメリット

メリット:任意整理の手続き後は今後の利息が免除

 

 

大きなメリットとして、原則として、任意整理の手続きが終わると今後の利息が免除されます。
利息がなくなる分、返済を早く済ますことができるようになることです。

 

また利息を払いすぎていた場合、過去に遡って過払い金の請求を貸金業者に行い、もしあった場合は返済額から差し引くことが出来るため、借金の総額を減らすことも期待できます。

 

>>いくら減る?借金減額シミュレーター!

 

このような手続きは、自己破産や個人再生とは違うので、すべての貸金業者に対してではなく、一部の業者に絞って任意整理をすることが出来ます


低利息で借りることの出来ているところはそのままにしておいて、過払い金が発生しているところだけ任意整理を行うということが出来るので、債務整理と比べて自由度があります。


さらに裁判所がかかわるものではないので、裁判所に出向くことはありませんし、法律事務所が債権会社と交渉を行いますので、手続きもしやすいです。

 

>>【任意整理の前に】過払い金シミュレーター!

 

 

デメリット:ローンなどが組めなくなる期間がある

 

 

デメリットとしては、今後約3~5年間、ローンなどが組めなくなるということが大きいです。

 

いわゆるブラックリストと呼ばれるものに登録されます。なので、新しくクレジットカードをつくることも難しくなります。

 

>>本当に任意整理でいい?無料診断!

 

また自己破産などの債務整理ではないため、過払い金の相殺などがない限り、借金の大幅な減額は期待できません。
デメリットの面もありますが、これから人生設計をやり直していくために、メリットの面を見て、明るい未来に一歩進んでいくことがよいでしょう。

 

 

任意整理のデメリット~体験談から見る任意整理

 

金融業者から借金をしてしまったときには、一人で悩んでしまうケースが多いと言えます。
借金問題を解決するためには法律的な手続きを行うことができますので、
法律の専門家に相談すること
が最適な方法と考えられます。

 

解決方法としては自己破産などの方法もありますが、
財産を失うことなく手続きが行えるものとして任意整理という方法もあります。

 

>>まずは最適な解決策をシミュレーション!

 

任意整理の主なメリットは、金融業者との取引において利息制限法に基づいた金利によって再計算を行うことで、借金の金額そのものを減らせることです。

 

任意整理の手続きを行うことによって、原則的に未払い状態である金利分の支払いや将来における金利、または遅延損害金などをカットしてもらうことが可能です。借金の負担がかなり軽くなることがわかります。

 

自己破産の場合では財産の処分や特定の職業に就くことが制限されるなどのデメリットもありますが、任意整理にはそのようなデメリットは一切ありません。

 

任意整理は弁護士などと相談することによって金融業者と弁護士が直接的に交渉を行う手続きとなりますので、自己破産のように裁判所を通す手続きというわけではありません。

 

任意整理を弁護士に相談することによって、残したいローンについては、
任意整理を行わないで従来通りに支払いを続けていくことも可能
です。


債務の種類によって整理するものとしないものを分け、生活に必要であると考えられる
住宅ローンや自動車ローンなどはそのままにしておくことが可能です。

 

>>債務整理で借金がいくら減るのか調べる

 

 

借金解決へ!まずはシミュレーションから

借金で頭がいっぱいなら、借金の解消に向けて動き出しませんか?


債務整理は借金で生活が回らなくなってしまった人への救済策と言われています。基本的には「借りたら返す」ということがあたりまえですが、どうしようもなくなったらやはり債務整理などをして借金を減らすことを考えなければなりません。

  • 債務整理の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 過払い金請求はできる?

まずは借入件数・総額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

任意整理でメリットのあった体験談

わたしは自分の家のローンも抱えていましたが、自分のしごとがうまくいかなくなり、だんだんとローンの支払いも滞るようになってしまいました。そうすると、ローンをかえすためにいろいろな消費者金融でお金を借りなければならなくなりました。しかし、だからといって収入はふえてはくれず、どんどん借金が膨らんでいってしまいました。

そんなときに、自分と似た状態の人の体験談を読んで、弁護士に相談したところ、体験談にあったように任意整理をすれば、いまもっている家をうしなわなくても、借金を軽くすることができるメリットがあることを知りました。

任意整理だったら、これからの生活の目途も立てることが出来そうだったので、メリットも大きく、弁護士にお願いして手続きを進めてもらいました。 神奈川県・にゃんにゃんさん

任意整理のメリットが多かった体験談②

最近任意整理をしましたが、とてもメリットの多い方法で、とても助かりました。弁護士に相談したところ、この任意整理という方法をすすめられたのですが、その通りにしてほんとうによかったです。

弁護士に相談するまでは、ただただ借金が膨大で、そのことが不安でならなかったのですが、アドバイスどおりに任意整理を進めていくと、今の生活を維持しながらも、借金を少なくすることができました。

わたしはこの体験談を書くことで、任意整理のメリットについて多くのひとに知ってもらえたらいいと思って、体験談を書いて見ることにしました。 以前は、たくさんの消費者金融からの借金があった私ですがいまでは前を向いて少しずつ借金を返しながらがんばれています。 大阪府・ヤヅさん

任意整理でデメリットがあった体験談は?

友人がキャッシングをしてお金を借りているのを見て、私も利用するようになりました。 キャッシングを利用し始めた頃は、計画的に使っていたのです。

しかし、ある時期から財布代わりに使うようになってしまい、やがて返済ができなくなりました。 その時の私は、毎日追い詰められていましたね。

でも、私はネットで任意整理の体験談を読んで、これなら私も救われると気分になりました。 私が読んだ体験談には、任意整理をすると取り立てがまず止まると書いてあります。 毎日取り立ての電話が怖くて追い詰められていた私には、光が差すような気持ちになりましたよ。

さらに体験談を読み進めていくと、任意整理をすると借金が減額されます。 それでいながら、デメリットはブラックリストに載るだけと体験談に書かれていたので、「借金が減るならこんなのデメリットじゃない」って感じましたね。 だから、体験談を読んだ後の私は、すぐに任意整理をしてくれる弁護士を探しました。

そして、無料で任意整理の相談に応じている弁護士の先生に相談をして、手続きをしてもらったんです。 あの体験談を読んだおかげで、今の私は任意整理をして借金を返済できるようになりました。

借金はまだ残っているけど、自己破産とは違いデメリットが少ないから、任意整理を選んで本当に良かったですね。 借金に困っているときには、まずはネットで調べましょう。

私みたいに体験談がキッカケとなり、借金が楽になることもありますよ。 福岡県・ニッチマンさん

任意整理の口コミその他

返済日が来るのが怖かった。最終的に4社になってしまい、毎週返済日がきていました。

返済しても次の返済の為におろしてしまう。この繰り返しで借金が減らず、段々と物悲しさにふっけていくようになりました。

失望させたくなくて家族に相談することもできず、恥ずかしくて友人に相談する事もできなかった。 携帯電話に掛かってくる電話が恐ろしくなり、それ以外の着信音にもビクッとしていました 。そんな生活が続き死にたくもなっていました。後悔の日々が続いて苦しかった。

自宅に届く手紙で家族にばれて、借金お助け相談窓口に間に入ってもらい、話し合いをしました。

最終的に任意整理で利息を無くし返済だけをしていく事になりました。 毎月の返済額を一定にして、返済日を一日にまとめて給料から即引かれるようにしました。 そこからは徐々に減っていき、数年がかりでやっと完済に至りました。

そこにいくまでには、生活苦しい時に家族に相談して、毎月入れているお金を待ってもらったりもしました。 その辺の家族の助けもあったので完済できたのだと思います。 東京都・賢太郎さん

借金お助け相談窓口へ無料相談してみる
総額95万くらいです。全て通販での買い物に使いました。

通販で買い物をする額がどんどん増えていってるのにあまり実感がなく、クレジットの引き落としが残高不足で出来なかったときに、ようやくこれはやばいと気付きました。

でも入金するためのお金がなく、消費者金融で借りてクレジットの返済と生活費に当ててなんとかその月はやり過ごしました。 でも通販がやめられなくて、リボ払いで買えるものがあるうちはどんどん買ってしまっていました。

消費者金融は3社から借りて、リボ払いも限度額いっぱい、キャッシング枠も限度額まで借りてしまって、もうお金をどうにも工面できなくなったときはもうだめだと思いました。

自分の働いた収入だけでは毎月の返済が出来ず、もう昼の仕事はやめて夜の仕事をするしかないと思っていましたが、結局は昔付き合っていた彼に相談し、借金お助け相談窓口に相談に行ってなんとかなりました。 彼氏からは買い物を勝手にしないようにネット環境から遮断されて、仕事と日常生活にだけ集中するように監視してもらいました。

情けない話なんですが、彼に借金の返済を手伝ってもらっています。

買い物をしても一時的にすっきりするだけで、買ったものには興味がなかったので、本当に無駄なことをしてしまったと反省しています。

福岡県・みなこさん

借金お助け相談窓口へ無料相談してみる

このページの先頭へ戻る