任意整理の費用相場はどれくらい?

任意整理を依頼する場合、最低限かかる弁護士費用の相場は債権者1件につき5万円前後です。

 

弁護士や司法書士の報酬金(結果に応じて支払うお金)は「日本弁護士連合会」によって上限が決まっていて、それ以上のお金を請求されることはありません。

▼弁護士の報酬金上限

  • 解決報酬…債権者1件につき2万円以下
  • 減額報酬…減額分の10%以下
  • 過払い金報酬…回収額の20%以下※訴訟は25%

これに加えて着手金(結果に関係なく受任時に支払うお金)が発生します。

着手金には上限がありませんが、相場は「債権者1件につき2万円~4万円前後」です。

 

このように任意整理にかかる費用は、借入総額や借入件数などによって大きく変わります。

自分の場合だと費用はいくらになるか知りたい方は、こちらの診断ツールで具体的な金額を調べてみましょう。

 

無料診断で具体的な費用を調べる

 

弁護士と司法書士ならどっちがいい?

結論からいうと、弁護士に相談・依頼することをおすすめします。理由は業務内容と費用の2つあります。

 

業務範囲が違う

両者が大きく違うのが「業務範囲」です。

弁護士は制限なく対応できますが、司法書士は制限の範囲内でないと対応できません。

 

具体的には、司法書士は個別の債権額(過払金を含めた負債額)が140万円以下でないと、法律相談や交渉などの業務ができません。

 

▼弁護士/司法書士の業務範囲

弁護士 司法書士

書類作成

法律相談

(※)

和解交渉

(※)

※個別の債権額が140万円以下で認定司法書士のみ対応可能

 

費用はどちらも一緒

「司法書士のほうが安い」と思っている方も多いですが、任意整理の場合はどちらも費用はほとんど変わりません。

弁護士と同じように、司法書士の費用相場は5万円前後~となっています。

 

このように弁護士も司法書士も費用はほとんど同じなので、より業務範囲の広い弁護士に相談・依頼することをおすすめします。

 

借金に強い弁護士に無料相談する

 

140万円以下なら司法書士も検討!

140万円以下の場合であれば、依頼内容や借金状況によっては司法書士のほうが適しているケースもあります。

 

140万円以下で、弁護士と司法書士のどちらに相談するべきか迷っている方は、こちらの診断ツールを使ってあなたに合った事務所を見つけましょう。

 

⇒全国の事務所から自分に合った相手を探す

 

費用だけで弁護士を選ぶのは危険!?

「弁護士費用は安いほうがいい」と思う方は多いですが、必ずしもそうとは言い切れません。

 

なぜなら、安い事務所は値段相応の対応になる可能性があるからです。

 

具体的には、全国対応していない、平日の日中しか対応してくれない、などが挙げられます。

これは人件費を削っていることが原因で、場合によっては対応に手が回らず、お金を払ったのに着手してもらえないケースもあります。

 

そのため、単純な料金だけで決めるより、実績を見て決めるほうが失敗するリスクが少ないです。

 

以下に借金問題に特化していて、解決実績が豊富な事務所を掲載しておきます。

24時間365日いつでも相談できるので、まずは一度無料相談してみてください。

 

適正価格で実績豊富な事務所はこちら

 

借金問題解決への近道は無料相談!

今すぐ相談するならこの事務所!
  • 初期費用0円,分割払いOK!
  • 適正な弁護士費用
  • 全国対応で24時間無料相談OK
  • 豊富な実績で安心

 

この法律事務所に相談するべき3つの理由
相談は何度でも無料

借金に関する相談なら何回でも無料なので、納得するまで何度でも相談できます。

 

全国/休日の対応OK!

休日や夜間でも無料相談に対応してくれるので、急いでいる人はすぐ相談できます(電話相談の通話料も0円)。

 

実績が豊富!

長年に渡って借金問題を解決してきた事務所なので、豊富な知識が豊富。安心して任せられます。

 

 

まずはメール/電話で気軽に無料相談をしてみましょう。

 

実績豊富な事務所に
無料相談する

 

 

闇金相談ならウイズユー司法書士事務所

一般的に闇金対応を敬遠する弁護士事務所は多いです。

闇金対応のノウハウがあるウイズユー司法書士事務所も無料相談ができるので、まずは相談してみましょう。

↓メールでの相談もここからできます!
ウイズユー司法書士事務所

>>ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

【債務整理】弁護士を選ぶときのポイント3つ

任意整理の費用が安い法律事務所はどこ?料金より重視すべきポイント!

 

①借金問題に特化した事務所


過払い金がいくら返ってくるかや免責が認められるかどうかなど、借金問題を解決するためには知識や経験がとても大事になります。


つまるところ、弁護士の腕による部分があります。そのため、借金問題の実績を多く挙げている事務所のほうが良いといえます。

 

②無料で相談できる窓口


借金に悩んで相談しているのに、それにお金がかかるとなると正直痛いですよね…。
自分の状況やこれからのことをしっかりと決めていくためにも相談は無料でできる事務所を選ぶべきです。


「持ち家は残したい」「家族にはバレたくない」など自分の希望を具体的に伝えて、希望に合う弁護士を探しましょう。

 

③分割払いや後払いなど支払い方法が柔軟


分割払いや後払いが可能な事務所であれば、いま手元にお金がなくても安心して相談することができます。借金を返済しながら弁護士費用まで用意するのはかなりハードなので、最初に支払い方法についても確認しておきましょう。

 

弁護士と司法書士なら、どちらに相談するべき?

 

まず弁護士は債務整理の法律相談はもちろん、代理人として賃金業者との交渉・訴訟など最初から最後まで制限なく対応できます。

 

それに対して司法書士は、同じように法律相談から交渉・訴訟ができますが、借金と過払い金を含めた総債権額が140万円以下という制限がつきます。

 

それを表にまとめるとこのようになります。

総債権額

140万円以下

総債権額

140万円超

弁護士

司法書士

(認定弁護士のみ)

×

 

 

つまり司法書士でも総債権額140万円以下の任意整理であれば、最初から最後までお願いすることができます。

 

ですが、それ以外の自己破産や個人再生の場合は、弁護士に依頼するのが無難です。

司法書士の場合、申立書などの書類作成は代行してもらえますが、弁護士と違って本人の代理人になることはできません。

つまり、裁判所への申立て自体は自分でやらなければならなくなります。

 

 

 

債務整理が安い司法書士事務所

 

司法書士においても選ぶときのポイントは弁護士と一緒です。
実績があり、相談が無料で、支払い方法が柔軟な事務所を選びましょう。

 

無料相談できる司法書士事務所は以下です。
ここはヤミ金にも対応しているので、厄介なところから借りてしまった場合も安心です。

 

ウィズユー司法書士事務所

 

 


このページの先頭へ戻る