任意整理してもデビットカードなら作れるってホント?!

任意整理は債務に対して行うものです。と言っても、すべての債務に対して意味があるものではなく、利息や遅延損害金が発生している債務に対して有効なものです。なので、利息が発生しない債務、たとえば知人からある時払いの催促なしという約束で借りた債務に対して任意整理をしようとしても意味がありません。なぜ意味がないのかというと、任意整理とは債権者に対して利息や遅延損害金の放棄をお願いするというのが基本だからです。
したがって、有効なのは、消費者金融や銀行からキャッシングをして生じた債務、あるいはショッピングローンなどのものになります。勿論、クレジットカードの利用によって生じた債務に対しても有効です。
では、デビットカードについてはどうかというと、基本的に整理対象に含めるのは不可能です。というのは、デビットカードは銀行口座の預金で即時決済されるからです。つまり、銀行口座を通じて現金払いを行うことになるので、債務が発生しないのです。ただ、クレジットカードナンバーがついているデビットカードの場合、例外的に分割払いが可能になることもあるので、返済している途中にもう返せないとなった場合は、整理の対象に含めることも可能です。ただ、弁護士や司法書士に頼んで整理をする場合は、整理対象一つにつき数万円の費用がかかるので、その費用よりも債務額が低い場合は見送った方がいいでしょう。
では、クレジットカード会社に対して任意整理の交渉をした場合、どのような流れになるのかというと、弁護士、司法書士が受諾後、カード会社に連絡をし、その時点でカード会社は整理を申し出てきた人のカードを無効にします。次に債務者の代理人とカード会社の人間が話し合い、どのような条件で和解をするのか決めます。基本となる条件は、今後発生する利息のカットと、もし現在、返済が遅れていることに対する遅延損害金が発生しているのであれば、それの放棄ということになりますが、債務額が多い場合は、元金の減額を条件に出すことがあります。それらの条件がまとまったら、今度は、元金をどれぐらいの期間をかけて返済するのかという話し合いを行います。
債務者の代理人は、あらかじめ、債務者と話し合ってだいたいこれぐらいの期間で返済出来るという話を聞いているので、その期間を伝えて、まとまったら交渉成立です。その後、債務者の代理人は和解条件と返済先が記載された書類を債務者に送って、返済がスタートします。


このページの先頭へ戻る