任意整理をすると信用情報や官報に載るか?

任意整理をすると信用情報に載る?

 

 

任意整理をすると、和解が成立した日から5年間、信用情報機関に事故情報が登録されます。いわゆる「ブラックリスト」登録です。
※債務整理後の事故情報登録期間は、借りていた業者が登録している機関によって違います。

 

信用情報機関とは
個人の信用情報を管理するデータベースです。
金融会社からの照会に応じて信用情報を提供しています。

 

以下、信用情報機関と登録機関の一覧です↓
任意整理をすると信用情報や官報に載るか

 

任意整理をすると官報に載る?

 

任意整理をすると信用情報や官報に載るか

 

任意整理をしても、官報には掲載されません。
※個人再生や自己破産の場合は記載されます。

 

官報とは
国が発行している公告紙。
法律や政令についての情報や,破産・相続裁判の内容などが掲載されています。
今はインターネットでも閲覧できるようになっています。

 

 

任意整理と信用情報・官報記載問題まとめ

 

疑問は解決しましたか?

 

任意整理をすると信用情報や官報に載るか疑問解決!ブラックリスト登録は5年間で、官報記載はないことがわかった

 

信用情報・官報記載についての疑問がなくなったら、いよいよ任意整理のための法律事務所探し。

 

任意整理におすすめの法律事務所の無料相談はこちら。

 

他におすすめは…?

法律事務所無料相談窓口ランキング

 

任意整理をすると信用情報や官報に載るか解決しなかった…

 

このページでも解決しない疑問は借金問題のプロに直接相談。

 

※最後に質問フォームが出ます。そこに書いて聞いてみましょう。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

 

借金の問題を解決するには、自己破産しかないというイメージがありませんか?
確かに自己破産は、それまでの借金をゼロにする事のできますが、財産を差し押さえられるなど、デメリットの多い制度でもある為、
なるべくなら自己破産をせずに借金の問題を解決したいと考える方も多いようです。
自己破産はしたくないという場合に、お勧めなのが任意整理です。
任意整理は裁判所を通さず、弁護時や司法書士が債権者と任意の話し合いをし、 利息・損害金・毎月の支払額の減免を計る制度の事を言います。
任意整理は借金が減額される、月々の支払額が少なくなる、過払い金が戻ってくるケースがあるなど、メリットの多い債務整理といわれているのが特徴です
しかし、任意整理をする事で官報に情報が記載されるのではないか?と心配になる方も、いるのではないでしょうか?
任意整理は裁判所を通さない為、官報に載ることはありません。
ですので、任意整理の情報が第三者に知られるという事もないので、安心してください。
ただし、任意整理は債務整理の1つである為、信用情報機関に延滞情報や任意整理の事実が登録されます。
信用情報機関に記載される事で、ローンが組めなくなる・クレジットカードが作れないなどのデメリットもある為、その点は注意しましょう。

 

任意整理のメリットとは?
任意整理のメリットのひとつとして、裁判所を通さないというメリットがあります。
個人が借金を整理するための方法としては、他に自己破産や個人再生といった方法があります。
しかし、自己破産や個人再生をするためには、裁判所を通さないといけません。
一般人であれば誰しも、裁判所に出廷するというのはあまり気分のよいものではありません。
それだけでも、精神的に大きなストレスとなってしまう可能性だってあります。
しかし、任意整理というのは、裁判所は一切関与するものではありません。
裁判所を通さず出来ますので、お客からすれば非常に精神的な負担が軽くなるというものです。
また、自己破産や個人再生の場合、裁判所を通しますので、どうしても手続き上時間がかかってしまいます。
1ヶ月や2ヶ月時間がかかってしまうことだって珍しくはありません。
もちろん、裁判所が関与しているうちは、借金の督促があるわけではありません。
それでも、借金問題にあまり長期間時間をとられるというのも、もったいない話です。
その一方で、任意整理であればやり方次第でははるかに短い時間で借金問題を解決する事だってできます。
出来るだけ迅速に、そしてストレスなく借金問題を解決したい人にはおすすめです。

 

任意整理とは※任意整理、するとどうなる?


このページの先頭へ戻る