任意整理後の借り入れについて

任意整理後の借り入れについては、ここに詳しく書いてあります↓

 

債務整理後の借り入れは可能?いつからできる?

 

任意整理後の借り入れについてまとめ

 

疑問は解決しましたか?

 

任意整理後も借り入れできる?疑問解決!借り入れできない期間がどのくらいかわかった

 

任意整理後の借り入れについての疑問がなくなったら、いよいよ任意整理のための法律事務所探し。

 

任意整理におすすめの法律事務所の無料相談はこちら。

 

他におすすめは…?

法律事務所無料相談窓口ランキング

 

任意整理後も借り入れできる?解決しなかった…

 

このページでも解決しない疑問は借金問題のプロに直接相談。

 

※最後に質問フォームが出ます。そこに書いて聞いてみましょう。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

任意整理を行うことで、借金を減らすことはできます。しかし借金を減らす部分以外の問題は当然あるのです
ここでは任意整理を行った際に起こるデメリットについておすすめします
任意整理を行った後は、お金を借りることができなくなります。何か高い買い物がしたいと思っても、お金を貸してくれる会社が無いのでそれは無理です
暫くはお金を借りる生活ができず、我慢を強いられることが多くなるでしょう。クレジットカードもこの対象に入るので、カードを使っての買い物もできません
また任意整理は借金を減らすことが目的なので、借金の返済は続けなければなりません。利用したからと言って借金が無くなるという勘違いだけはしないでください
借金を全額無くしたいのであれば、自己破産をすることになります
そして借金についても一気に減るということはありません。過払い金を請求して大幅に減らすということは可能ですが、過払い金が発生していない状況では、微々たる額の減少にしかなりません
借金があまり減らなかったとしても、任意整理に掛かる費用は払わなければならず、損をすることも考えられます
任意整理は便利かもしれませんが、デメリットが幾つかあるので気を付けてください。借金の額によっては、別の方法を考えることになります

 

任意整理のメリット
あまり知られていないことですが、任意整理をすることによって借金の督促がとまります。
これは、借金の督促に悩んでいる人にとっては大きなメリットかもしれません。
最近では、借金の督促に関しても厳しいルールが定められております。
明らかに非常識な時間帯(早朝や深夜など)に借金の督促をしてはいけないということになっています。
他にも、督促の手段に関しても厳しいルールが定められております。
しかし、たとえ合法的な督促であったとしても、借金を抱えている人にとって督促が来るというのは、あまり気分のよいものではありません。
とはいえ、借金さえ抱えなければそういった督促もないので、自業自得という見方もできますが。
借金を抱えてしまったら、そのまま逃げるのではなく、借金を抱え散る人が何らかのアクションを起こすことが重要です。
そのアクションのひとつが、任意整理というわけです。
任意整理をすることができるのは、司法書士や弁護士といった士業の方です。
これらの方に任意整理を依頼すると、受任通知というものを貸金業者などに発送します。
この受任通知の到着をもって、借金の督促をすることは禁止されます。
借金に苦しんでいる人にとって、これだけでも非常にうれしいことですね。

 

任意整理とは※任意整理、するとどうなる?


このページの先頭へ戻る