借金の時効について

 

 

人は消費者金融などの金融機関から借金をすると後日決められた日時までに返済をする義務が発生します。
しかし貸主である消費者金融が仮に借金をした人に対して一定の期間権利を行使しない場合は
貸したお金を返済の請求をする権利を失うことになり、これを借金の消滅時効と言います。
長年権利の上に眠るものは保護しないという法の趣旨です。

 

そして借主としては時効になるまで返済しないでいれば借金を返済しなくてもよくなると考えることもできますが
これは大きな過ちです。

 

なぜなら…

 

借金時効が難しい理由

貸主である消費者金融はお金を貸すプロです。

消滅時効のことはしっかり理解しており、権利を行使しないなどということはありません。

 

時効を主張するためにはただ時効の期間が経過しただけでは効果が発生しません。

借主側が時効を援用することによってはじめて効果が発生します。

 

長期に渡る精神的・肉体的苦痛が伴います

さらに消費者金融の取立てというのは精神的に負担になり、それで体調を崩してしまえば肉体的にも厳しいものがあります。
何年も耐え続けるには代償が大きいと言えます。

 

借金時効のデメリット

 

私たち一般人は通常法律の知識にあまり詳しくないので、上記のようなことを見落としがちになってしまいます。
このように借金の消滅時効を狙って、借金を返済をしないというのはかなりのデメリットがあるので、とてもおすすめすることはできません。

 

任意整理をはじめ、債務整理の相談は以下の事務所で受け付けています。
相談無料で、信頼できる事務所を厳選しました。
借金問題でお困りの方は早めの相談をおすすめします。

 

 

こちらなら弁護士に無料でメール相談することができるので、活用をおすすめします。

 

対応が良い無料相談受付事務所ランキングはこちら

 

債務整理、いきなり専門家に相談するのはちょっと…

切羽詰まった状況ではないが、債務整理に興味がある

 


債務整理の方法や費用、もろもろのめやすを知ってから弁護士に相談したい

 


自分はもう債務整理をした方がいい?

 


など、弁護士への相談を迷っている方も、気軽にできるシミュレーターがあります。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

実名も住所も一切必要ナシの簡易診断です。
まずは無料で債務整理診断をしたい方へ。

 

【早くしないと!】過払い金の時効解説

最近、テレビや広告などで「過払い金」に関する広告が多くでております。
過払い金というのは、消費者金融などに支払いすぎた利息のこと。
利息を支払いすぎるなんてありえないとお思いでしょうが、実際にあることなのです。
そんなとき、過払い金返還請求というのをすることができます。
過払い金返還請求というのは、自分でも行うことができますが、やはり弁護士や司法書士にお願いをしたほうが賢明です。
前述したテレビや広告の元は、弁護士事務所や司法書士事務所なのですから、当然積極的に行ってくれます。

 

しかし、ここで気をつけなければいけないのは、過払い金にも時効があるということです。
過払い金の時効というのは、最後に支払をしてから10年間です。
これで特に気をつけたいのは、すでに借金を完済している人です。
借金を完済している人ですと、そのときの利用履歴というのを持っていない可能性もありますし、そもそも借金していたことすら覚えていない人もいます。
そうしているうちに、時効になってしまっているのです。
過払い金というのは、自分では知らず知らずのうちに払っていることが多いもの。少しでも思い当たる節がある人は、是非一度弁護士などに相談をしてください。
きっと相談に乗ってくれます。


このページの先頭へ戻る