債務整理、賢い選択のために

 

債務整理を賢く選ぶポイントは3つ。

独立行政法人への相談はよく考えてから
良い弁護士の見つけ方を知ろう
無料相談活用で賢く節約

任意整理の無料相談はここでしたい!厳選事務所まとめ

 

詳細はこちらにまとめてあります。
債務整理を賢く選ぶ方法まとめ※デメリット回避のために

 

ちなみに、実際無料相談をしてみて一番対応が良かった事務所はここでした。

 

こちらも参考に。

任意整理の費用が安い法律事務所はどこ?

 

はやぶんさん
借金の総額:100万円
借金の原因:地行の資金繰り

 

私はエクステリアの会社を経営しています。会社の規模は従業員が10人くらいです。それまでずっと仕事をもらっていた住宅メーカーが倒産し、そのためもらえるはずだった工事完成代金をもらえなくなってしまいました。そこで、消費者金融から100万円を借りました。苦しかったのは、先の収入が見えない中での、その場しのぎの借金でしたので、精神的に追いつらめれる感じで非常に苦しかったです。しかし、従業員へ払う給料や会社の経費を支払うためにはどうしても必要だったので、本当は手を出したくなかったのですが、消費者金融から借りました。

 

結局、その元請けの会社からは工事完成代金のうち70パーセントが支払われました。そこで弁護士法人響に相談してみました。いろいろなところに掛けあってもらい、返済プランを立ててもらいました。また、資金繰りが苦しいのを聞きつけた他の住宅メーカーや古くから付き合いのある業者からも、仕事をもらえるようになり、おかげで借金を支払いできるだけの収入が入るようになりましたので、結局は半年で返済できました。今までのなかで一番会社の存続が危ぶまれたときでした。あの苦しい大変時期があったから、今でも多少苦しくてもやっていけていると思います。

 

樋口総合法律事務所は闇金被対応。
闇金被害でお困りの方はこちらに情報をまとめましたのでご参考にどうぞ。

 

【ヤミ金】弁護士の選び方:闇金解決に強い弁護士事務所は?

 

いきなり専門家に依頼するのはちょっと…という方。
いくつかの簡単な質問に答えるだけで、自分に合った債務整理方法をシュミレーション出来るサイトがあります。
シュミレーションは無料で、実名、住所も一切必要ナシ。

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

債務整理をしようか迷っている方

自分に合った債務整理方法を知りたい方

 

まずはこの無料シュミレーターから試してみてはいかがでしょうか。

 

 

債務整理を選択する方法

 

債務整理を行うには専門的な知識が必要になります。

 

自己破産、個人再生、特定調停などはまず裁判所の申し立ての書類を受理してもらわねばなりません。
しかし、この書類の作成が難しく、素人が行った場合では何度も突き返されるのが普通でしょう。

 

たとえ受理してもらえたとしても、裁判所の審理や調停に出席しなければいけないので、ここで免責を勝ち取ったり、自分に有利な条件で交渉を進めるには、やはり高度な知識が要求されます。

 

おそらくもっとも簡単だと言われている同時廃止事件の自己破産手続きでさえ、陳述書の内容いかんでは免責が認められず自己破産に失敗するという恐ろしいリスクがあるため、よほどの覚悟がない限りは専門家に相談したほうが無難でしょう。

 

さらに任意整理もここに加わるのですが、債務整理の際に過払い金の存在が明らかになることがあります。
過払い金とは払いすぎていた金利のことで、返済が長期にわたっている場合はこの過払い金がある可能性が高くなります。
過払い金の返還請求をすれば、場合によっては返済をせずとも借金がなくなったり、お金が戻ってくることもあるので、過払い金があるかどうかはぜひ見極めておきたいところです。
過払い金があるのに請求しないまま10年以上経ってしまうと、過払い金請求はできなくなってしまいます。
こういったミスをしないためにも専門家に相談して意見を聞いてみる必要があります。


このページの先頭へ戻る