二回目の任意整理と二度目以降の手続き

2回目以降の任意整理を制限する法律はありません。
しかし…

 

1度任意整理をした業者を再度対象とすることは難しい可能性があります。

 

1度任意整理をし、かつ1度目の返済に失敗した業者となると更に厳しいでしょう。

 

一度目と全く別の業者の借金であれば、問題なく任意整理可能です。

 

任意整理はあくまでも個人と業者との民事的和解で成り立ちます。
相手が和解に応じなければ、初回でも2回目でも任意整理は難しいです。

 

任意整理、2度目以降の手続き

 

2回目以降も初回と同様、専門家に依頼し任意整理の手続をしてもらいます。

 

2度目は交渉が難しくなるので、1度目よりさらに弁護士の腕が重要になってきます。

 

任意整理におすすめの法律事務所の無料相談はこちら。

 

他におすすめは…?

法律事務所無料相談窓口ランキング

 

「今回の自分のケースにぴったりの弁護士を診断してほしい!」

このツールで無料診断できます。

 

借金の返済に困ったときには債務整理を行って解決することも多いものです。
そして債務整理は一度切りという場合もあれば、その後またお金に困ることがあった場合は二度目の債務整理が行われる場合もあります。
そして一度債務整理を経験した方の場合はその手続きの方法もすでに理解されていますが、二回目以降でも順調に行えるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
債務整理にも様々な種類がありますが、自己破産をした場合は、二回目となると7年以上経過している必要があり、短期間に二度目の自己破産は行うことができませんので、その後のお金の管理はしっかり行っておく必要があります。
そして、債務整理には、自己破産以外の方法もあり、任意整理もよく選ばれている手段のひとつです。
任意整理の場合は借金はかなり減額され、財産を処分したり、職業や資格への制限もありませんので、安定した収入を得ている方に向いている方法です
一度任意整理で借金問題を解決した場合は、その後はお金のことで困らないよう心がけたいですが、やはりまた借金問題を抱えてしまう人もいらっしゃるものです。
そして、任意整理は、債権者と和解を行うことで行うことができますが、二度目ともなると、その和解にすんなり応じてくれるとは限りません。
それゆえに二回目の債務整理となると自己破産や個人再生を選んで解決していく場合もあります。
この場合は任意整理とは違い、裁判所の手続きが必要となります。二回目ともなるとより債務整理の難易度も高まる場合がありますので、まずは法律事務所のサポートを受けることも考えてみましょう。

 

任意整理の流れ


このページの先頭へ戻る