任意整理の方法と、デメリット回避のため今すぐできること一覧

任意整理とは

 

 

債務整理の種類には、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産とあります。
その中で任意整理とは、裁判所を通さずに個人で債権者と借金の利息の減免等の交渉を行い、同意を得たのち債務を弁済する方法のことを言います。
借金問題に困った原因が問われないこともあり、一番よく利用されている債務整理が任意整理です。

 

任意整理は個人で行うことも可能ですが、書類の漏れや債権者(お金を貸した側)とのトラブルなどのデメリットを避けるため、弁護士に依頼するのが一般的です。
他の債務整理方法と比べても、任意整理の弁護士費用は比較的安価で済みます。
自分で行うつもりの方も依頼する予定の方も、まずは無料相談で自分に合った債務整理方法について相談してみることをおすすめします。

 

無料相談を受け付けている事務所でおすすめなのはこちら。

 

債務整理について一人で悩んでいる方は、相談は無料なので、今すぐの相談をおすすめします。

 

任意整理の方法

 

任意整理の具体的な方法は以下です。

 

受任通知

債権者側に任意整理の受任を行ったことを通知します。
これ以降の取り立ては行われず、当面の間は保護された状態になります。

 

引き直し計算

債権者に取引履歴の開示を請求し、利息制限法に基づいて再計算を行います。
利息制限法の上限を超える利息分については返還、将来利息についてはカットすることが可能です。
※過払い金が発生していた場合、和解交渉の前に請求して借金を大幅に減らすことができます。

 

自分の借金に過払い金が発生している可能性はある?
自分に合った債務整理方法を無料でシミュレーションできます。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

実名も住所も一切必要ナシの簡易診断です。
この診断結果をもとに、専門家へ相談するのもいいかもしれません。

 

和解契約締結

債権者側と任意整理の和解へ向けた交渉を行います。
この交渉が成立した場合、3年から5年以内にその借金を全て返済することを条件に借金の減額が認められるということになります。
和解契約を締結すると、手続きは終了。和解契約書に記載されている支払開始日から返済を始めます。

 

 

注意点

基本的に減額された借金を返済していくので、安定した収入がないと任意整理ができません。
無職のままでは任意整理は難しいのが現状です。しかし任意整理ではアルバイトでもパートでも安定した収入さえあれば和解交渉が可能になります。

 

任意整理を行うと連帯保証人が付いている債務がある場合は、その連帯保証人に対して請求が行きます。
ですが任意整理では債権者を選んで債務整理できる特徴があり、連帯保証人が付いている債務を外して、連帯保証人に対して請求が行かないようにすることが可能です。
個人で行うに際しては、大手の消費者金融等と交渉する場合は、昔と違ってそういった交渉に対するマニュアルみたいなものもあると思うので比較的スムーズに行えるかもしれませんが、中小の消費者金融の場合、審査は緩い分そういった交渉には非常にシビアな部分も出てくるので注意が必要かと思います。
弁護士に依頼する場合は、実績があり信頼できる弁護士に依頼すればほとんどの場合で任意整理に応じてくれます。

 

金融機関が共有する信用情報に任意整理の記録が載ってしまい、当分の間は金融機関からお金を借りることが出来なくなります。
約5年ほどで記録から削除され、またお金を借りることが出来るようになりますが、審査が厳しくなってしまう事が多いです。

 

 

デメリット回避!任意整理のためにあなたが今すぐできること

 

任意整理の手続きについては、とても簡単に行うことができます。
弁護士に相談して実行することを決めた後は、指示に従って書類を書いていけばいいのです。
短期間で借金を減らせる簡単な方法でもありますので、なるべく利用していくことが望ましいでしょう

 

弁護士への無料相談

まずは弁護士に相談して、現在の状況を説明してください。
この状況によって任意整理をした方がいいですよと言われた段階で、その手続きを依頼しましょう。
弁護士はその手続きを依頼された場合受任通知をし、これ以降の取り立ては行われなくなります。

 

債務の一覧表を作る

自分がいつ、どこから、どのくらい借りていてどのくらい返済し借金がいくら残っているかなどをすべて表に書き出します。
完済済みの業者はもちろん、組んでいるローンや入っている保険、保証人になっている保障額や光熱費の滞納など細部に至るまで書き出します。
弁護士に相談する時にこれがある程度できていると時間が省け、早く本題に入れますが、依頼した場合は作成をサポートしてくれますので安心です。

 

そしてこの表をもとに、引き直し計算が行われるわけです。
あとは弁護士に任せていれば、和解交渉やそのたもろもろの処理をしてくれます。

 

任意整理はどれくらいかかる?

 

一般的に、法律事務所に依頼してから過去の取引明細を消費者金融や信販会社から取り寄せ債務の一覧表を作成、計算し直すまで手続き開始からだいたい2~3ヶ月程度になります。

 

過払い金が発生している場合はその返還を求め、負債から相殺して残りの借金を無理のない範囲で分割払いする事を交渉していきます。
過払い金が無かった場合でも、同じように今までよりも低い額での返済を要請します。
金利分の放棄や借金そのものの減額などを粘り強く交渉していくのです。
この交渉がまとまり和解するまでは、状況によって差はあるものの、だいたいさらに1~3ヶ月といったところです。

 

いずれにしても借金問題で困っているのなら、なるべく早めに任意整理を行う必要があります。
任意整理のメリットは、将来的に返済額が減るというだけではなく、法律事務所からの委任状が業者に届いた時点で、任意整理がまとまるまでに返済を一時的に止める事が出来るという点にあります。
この期間に生活を立て直す準備をしっかり整えましょう。

 

任意整理を専門家に相談するメリットとは?

 

任意整理は裁判所を通さずに債権者と任意で交渉するために、交渉力のある専門家、弁護士や司法書士にご依頼されたほうが安心です。
もし任意整理しても返済できない状況のときは個人再生、自己破産などから出来る手続きを専門家が選んでくれます。

 

任意整理の流れ

 


このページの先頭へ戻る