任意整理は法テラス?


消費者金融から借金を重ねてしまい、返済することが困難になってしまった場合には債務整理をして解決していくことになります。そして債務整理の手続きは基本的に法律的な知識が必要になってくるので、専門家に相談する必要がありますが、最近では法テラスに相談する人も少なくありません。

 

無料で直接相談できる、対応の良い弁護士事務所はこちら。

任意整理の無料相談はここでしたい!おすすめ厳選事務所まとめ

 

法テラスで任意整理の相談をするデメリット

 

しかし法テラスを通して弁護士などの専門家に債務整理を相談するとデメリットもあります。
主なデメリットは以下。

弁護士の質の問題

法テラスを利用し客をおすすめしてもらっている弁護士もいろいろ。弁護士の質にはどうしてもむらが出てしまいます。
人生において大切な決断なのに、運任せというのはおすすめできません。

同じ弁護士に相談できないことも

無料で複数回相談に乗ってもらう場合、法テラス側から同じ弁護士を指定してもらうことが出来ません。
そのため相談を複数回申し込んだ場合には、違う弁護士があてがわれることがあります。

収入制限

法テラスは、収入が一定以下の人しか利用できません。
基準はケースや居住地区によって細かく違うため、詳しくは法テラスのホームページを参照。

弁護士のモチベーション問題

法テラスを通して手続きをすると、弁護士側としては仲介料が発生し、報酬が通常よりも少なくなってしまいます。
弁護士も人間ですので、どうしてもモチベーションに影響が出てしまうことも確か。
そのためこちらの話をしっかり聞かないうちから債務整理の手続きを決められてしまった、などの口コミも。
自分の理想とする解決をするために、弁護士には話をしっかり聞いてもらいたいもの。

 

法テラスで任意整理の相談をするメリット

メリットは2つ。

相談が無料である
知名度があり敷居が低い

 

任意整理、どこで相談するのが一番いい?

 

任意整理を弁護士に相談するのであれば、直接弁護士事務所に相談をしたほうがいいと言えます。
現在数多くの弁護士事務所において無料で債務整理の相談をすることができ、実際に手続きをしてもらうための報酬もかなりリーズナブルです。

 

そして何よりも直接弁護士事務所に直接頼むと弁護士の先生も自分が頼りにされていると感じ、より依頼者のために働いてくれるのでいろいろとメリットがあります。

 

任意整理を相談するのであれば、直接弁護士事務所に相談しましょう。
おすすめの事務所は以下です。

 

 

こちらは家族に内緒の借金でも電話・メール相談が無料な上に、

初期費用0
詳しく話を聞いてくれて、こちらに有利な条件で債務整理をしてくれる

 

さらにおすすめの理由は、日本全国どこからでも、24時間365日相談可能なこと。
債務整理への不安や急を要する事態にも柔軟に、臨機応変に対応してくれます。

 

直接弁護士事務所に相談できてしかも相談が無料となれば、個人的には法テラスよりもこちらを選んでしまいます。
実際相談してみたのですが、対応してくれた弁護士も対応がよく丁寧で、誠実さを感じました。
収入制限もありませんし、任意整理に限らずこちらに一番メリットのある債務整理方法を提案してくれるので、お任せしていれば安心です。

 

相談は無料なので、今すぐの相談をおすすめします。
実際私は相談したことで自分のすべきことがクリアに見えるようになり、ずいぶん気も楽になりましたよ。

 

私の借金返済方法の極意が、同じようにお困りのみなさんのご参考になれば幸いです。

 

債務整理、いきなり弁護士事務所に相談するのはちょっと…

そんな方にはこちらのシミュレーターをおすすめしてます。私もお世話になりました。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

実名住所は必要ナシの安心簡易診断です。
自分に合った債務整理方法がどのようなものかが診断できます。
この診断結果をもとに、専門家へ相談するのもいいかもしれませんね。

 

自己破産は司法書士より弁護士に

債務整理を申請する時は、弁護士や司法書士といった法律のプロに、依頼するのが一般的となっています。
債務整理は自分で行う事もできるのですが、必要な書類を作成したり、裁判所での面接も受けなければいけないので、はやり法律のプロに依頼し
スムーズに進める事をお勧めします。

 

ただ、債務整理の中でも、自己破産を行うなら最初から、弁護士に相談する事がお勧めです。
弁護士は依頼人の「代理人」という立場になるのですが、司法書士の場合は「書類作成代理人」という立場でしかありません。
司法書士は自己破産に必要な書類を作る事はできても、裁判所に出廷するという事はできません。

 

自己破産を申請すると裁判所で審尋という、面接のようなものを受けます。
弁護士は依頼人の代理人ですので、裁判官からの質問も答える事ができるのですが、司法書士は一緒に審尋を受ける事もできないのです。
ですので、気丈にふるまえないという場合は、弁護士に相談する事をお勧めします。

 

また司法書士は取り扱える借金の額にも、限度がある事をご存じでしょうか?
弁護士の場合は借金の額に制限はありませんが、使用書士の場合140万円以下の借金でなければ、取り扱う事はできません。
自己破産をする場合、大抵の方が140万円以上の借金を抱えているので、最初から弁護士に相談した方がスムーズに自己破産出来ると言えるでしょう。

 


このページの先頭へ戻る